ツアーの諸経費について

ツアーの多く、とくに海外ツアーの場合は、パンフレット等に大きく表示してある金額だけが実際にかかってくる費用ではありません。

その他に必要となってくる費用にはどんなものがあるのか説明しましょう。もちろんこれらは決して隠されているわけではなく、パンフレット中にも小さい文字でどこかには書いてあるはずです。海外ツアーの場合、空港利用料とか空港税、あるいは入国審査料というものが必要になってきます。どれも読んで字のごとくなのですが、空港利用料とはまさしく空港の施設を利用するための費用です。もちろん、搭乗手続きなどにかかる費用は航空会社持ちですが、旅客ターミナルビルの照明や空調、清掃などにかかる費用にあてられているわけです。

入国審査料もその名前のとおりです。海外に行くと、まず通るのが入国審査場ですが、その係官の人件費などにあてられています。空港利用料も入国審査料も、だいたい1箇所あたり日本円で数千円ですが、国によって、また同じ国でも空港によってばらつきがあったりします。

ちなみに、日本国内の空港であっても空港利用料がかかるところはあるのですが、多くの場合、その空港を発着する国内線の航空券運賃に上乗せした状態で発券されていますし、金額的にも数百円未満ですからあまり気にされることはないようです。海外ツアーの場合も、分かりやすさを重視して初めからこれらの金額も含んだ総額で表示すればよいのではないかという気がするのですが、実際にはそのようにはなっていません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *