白浜温泉の特徴と魅力

白浜温泉は古くから観光地として栄えている和歌山県にあり、かつては熱海や別府とも肩を並べるほどの知名度を持ち、日本三古湯のひとつとも言われていました。

古くから新婚旅行のメッカとして人気を集め、レジャースポットや自然景勝地を目的にして今でも多くの観光客が訪れる南紀にあり、旅行や海水浴などとともに楽しまれています。そんな白浜温泉は、飛鳥時代には牟婁の湯と呼ばれていたことが古い文献からわかっていて、遥かに昔から存在し知られていた場所であることがうかがえます。飛鳥時代や奈良時代の天皇をはじめとして、数多くの宮人がこのお湯に浸かったというのです。

白浜温泉を訪れこの古い時代から脈々湧き続けているお湯に浸かったら、そんな昔の和歌山近辺に思いを馳せてみるのも良いかもしれません。この辺りの地域はプレートが沈むことによってできた大地の景観やそこに生息する動植物、それに歴史深い文化が価値あるものだと認められた証、南紀熊野ジオパークのジオサイトにも認定されたエリアです。

その貴重な自然遺産や文化遺産を保護しつつ、地域振興に役立てる取り組みをおこなっていて、白浜の温泉も南紀熊野ジオパークの見どころのひとつとなっています。そんな白浜温泉の泉質は食塩泉や炭酸泉・重曹泉などで、適応症は胃腸病や神経痛・リウマチなどですが、詳しくはそれぞれの浴場に表示されている適応症を確認するのがお勧めです。ホテルや旅館に宿泊して入浴できる他、立ち寄り湯も多く日帰りで気軽に入浴することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *