白浜温泉の特徴と入るメリット

和歌山県の白浜温泉は、多くの観光客が訪れる人気の入浴施設で、南紀の旅館やホテルに泊まったときや、立ち寄り湯などでも楽しむことができます。

古くから日本3大古湯として熱海や別府とも並ぶ知名度を誇っていました。古い文献では飛鳥時代や奈良時代から存在していて、当時の天皇や宮人などの多くの人物が都からはるばる訪れたりもしていたとされています。その頃は牟婁の温湯や紀の温湯とも呼ばれていたことが古い文献から分かっています。そんな歴史ある白浜温泉は、食塩泉や炭酸泉・重曹泉などの泉質があり、胃腸病や神経痛・リウマチなどの湯治を目的に訪れるひともいます。

食塩泉や炭酸泉、重曹泉は美肌の湯とも呼ばれることもあるお湯で、広い浴槽でゆったりと浸かることで体の芯から温まることができるとともに、肌への効果も期待できるでしょう。白浜温泉に入るには、白良浜沿いに立ち並んでいる大きなホテルに宿泊し入浴するほか、民宿や旅館があるエリアでも大抵の宿泊施設で入浴することが可能です。また付近では宿泊しないでも利用できる共同浴場や料亭などの施設もあり、日帰りの観光客にも喜ばれています。

白浜温泉があるエリアには、付近に様々なレジャー施設や観光スポットがあり、せっかくこの地を訪れたなら入浴と合わせて楽もうと考える人も多くいます。その1つは、動物園と遊園地・水族館が合体したようなテーマパークであるアドベンチャーワールドです。また円月島や三段壁・千畳敷などの雄大な景観も見どころがあり、白浜温泉に来たらあわせて見学できるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *