日本三古湯にも数えられる白浜の温泉

和歌山県の南紀白浜と言えば、白砂で有名な白浜海岸など、海水浴場として人気の高いスポットですが、実は有馬、道後と並ぶ日本三古湯にも数えられる温泉地としても有名です。

南紀・白浜温泉は、観光経済新聞社主催のにっぽんの温泉100選に選ばれるなど、温泉好きの間でも高い人気を誇っています。夏に海水浴場で思いっきり遊んだり、家族連れでアドベンチャーワールドに出かけて楽しんだりした後は、夜にホテルでゆっくりと温泉につかってその疲れを癒すことができます。様々な楽しみ方ができるのが、関西随一のリゾート地として毎年多くの人が訪れる理由の1つである事は間違いありません。

白浜を目一杯楽しみたいと言う人は、その魅力を詳しく調べてから予定を組むと良いでしょう。白砂の砂浜がピックアップされることも多いですが、それ以外にも様々な魅力が詰まっています。いつ行くのか、誰と行くのか、どのような目的で行くのかによってそれぞれ違った顔を見せてくれるのが、他では味わえない良さの1つでしょう。

市も観光事業に注力しているので、観光で訪れた際には様々な面で便利さや旅行のしやすさを感じることができるはずです。色々な楽しみ方ができる素晴らしい環境やさまざまなスポットを抱え、それを行政が全面的にバックアップしている白浜は、関西のみならず国内でも屈指の観光地だといえます。旅行を計画する際の選択肢として、常に頭に入れておきたい場所の1つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *